厚生労働大臣指定保育士養成施設 / 文部科学大臣認定職業実践専門課程 / 神奈川県認可の専修学校

学校法人 岩崎学園岩崎学園 横浜保育福祉専門学校

教育理念・方針

保育分野に強い
岩崎学園グループの学校です!

岩崎学園は1927年の創立以来、「豊かな人間性と高度な技術力を備えた人材育成」という一貫した方針の下、常に変化する時代と誠実に向き合い、社会の求める教育サービスを提供し、神奈川・横浜という地域社会に貢献できる人材の輩出に取り組んでいます。また、近年の少子化問題に対処すべく、40年以上の幼稚園教育の実績を活かし、地域のコミュニティの場ともなる「保育園」や「放課後児童クラブ」を運営し、社会全体で力強くサポートすることが重要な子育て支援に力を注いでいます。

横浜保育福祉専門学校は、岩崎学園が培ってきた専門教育と子育て支援のノウハウを活かした独自のカリキュラムや制度を設けて、保育現場で長く活躍できる、人間性豊かな保育者を育成しています。

しっかり学び、成長できる3年間!

保育士の資格は2年制でも取得することができます。しかし、本校が3年制で学ぶのは、単なる資格取得だけでなく、就職後に子どもからも保護者からも信頼され、長く現場で活躍できる実力をしっかりと身につけて欲しいから。社会の急速な進展に伴い、保育園や幼稚園を運営する教育環境や子どもたちの成長に必要となる要素も変化し、保育者に求められるスキルも刻々と変わっていきます。本校は、併設する保育園の運営ノウハウをカリキュラムに反映することで、社会が求める実力をつけたスペシャリストとして社会に送りだしています。

1年次保育の基礎を身につける

保育者として不可欠な「子どもの視点」を養います。子どもが好きな手遊びなど、「楽しい」や「ワクワク」を実感します。本校独自のプレ実習プログラムで保育現場を体験し、2年次以降に行う保育実習の準備をするとともに、「保育者の視点」の大切さに気づきます。

2年次現場とのつながりを学ぶ

子どもの成長と「遊び」とのつながりや意味など「保育者の視点」を深めます。2回行う実習で、これまでに修得した知識や技術を実践し、実習を通じて感じた反省を3年次の学びへとつなげます。

3年次経験を重ねる

「子どもの視点」と「保育者の視点」を大切にしながら実習やインターンシップを通じて経験を重ねます。学びの集大成として、ゼミ活動を行い、保育とIT・子どもの運動遊び・児童文化・子どもと食育など、個々の好きを保育の現場で活きるスキルに変えていきます。

地域社会とつながり、
たくさんの現場を経験

保育の現場で求められるスキルは、机上の学習だけでは決して身につけることができません。そのため本校では、産学連携で学びを行う「保育インターンシップ」や併設保育園での「ふれあい授業」、本校独自の「プレ実習」を通じて、社会や現場とのつながりを大切した学び方を用意しています。


岩崎学園グループ

教育理念

1子育て支援の中核を担う専門技術の修得

子どものすこやかな成長をサポートするために専門的な技術を学び、その知識と技術をいかして保護者の子育てを支援するのが保育者の役目です。社会や幅広い層の保護者の思いを受け止め、適切な援助をするためには、子どもに関する知識・技術だけでなく、カウンセリングやコミュニケーションに関する知識や技法も必要です。こうした保護者や地域から信頼されるための専門性や人間性を高めていきます。

2人間性と社会性の確立

保育者は子どものお手本になる人です。正しいこと、やってはいけないことを子どもに示すには、まず自分が善悪の区別をしっかりつけることが大切。そして仲間とともに力を合わせて生きていく力が求められます。

3コミュニケーション力の涵養

保育者の仕事は、人と関わり、お互いが成長していく仕事です。子どもたちや保護者、他の保育者に影響を与えあいながら、子どもだけでなく、自分自身も成長していきます。さまざまな子どもたちにどう対応していけばいいのか、異なる考え方の人とどう接していけばいいのか、すべてに絶対的な答えがあるわけではありません。自身が授業や見学、実習、ボランティアなどで得た知識と経験がよりよい他者とのコミュニケーションの力の源泉となります。涵養(かんよう)とは植物が生長するように、少しずつそうした経験が自己の成長につながっていくことをさしています。

教育方針

1明るくあいさつ、返事はしっかり

明るいあいさつは、誰にとっても気持ちのよいものです。元気なあいさつで好印象をもたれるよう、日ごろから心がけます。また、問いかけに対しても、きちんと返事ができる人を育てます。子どもたちに負けない明るいあいさつができる人になります。

2きまりや時間は守る

学校も社会も家庭も、さまざまなきまりや時間をきちんと守ることを前提に成り立っています。こうした当たり前のことを、子どもたちに守るべきルールとして、しっかり身につけてもらうよう導くのが、保育者の役割です。ルールをしっかり守って、子どもや保護者、社会から信頼される人になります。

3その場にふさわしい見だしなみ

ほとんどの人が、遊びと仕事では服装も替えることでしょう。たとえば、リラックスするための服装があり、逆に仕事に適した服装があります。保育士にも他の職業と同様に、その場に適した服装が求められます。学生のうちから、他者を意識し、自然と身だしなみに注意をはらうことができる人になります。

4言葉づかいはていねいに

言葉は生きています。言葉によって人を動かし、そして感動させることができます。逆に乱れた言葉づかいは、発する人の品性を低くしてしまうものです。子どもたちは何でもまねをします。正しい言葉づかい、そして愛情をもったていねいな言葉づかいで、子どもたちの素直な発育を導く人になります。

5安全・安心、自分も子どもも

子どもの未来を見つめる保育者は、子どもたちの健康管理はもちろん、自身の健康管理にも十分に注意する必要があります。規則正しい生活習慣や学習生活がまずは基本です。そして、常に少し先を想像しながら、子どもたちが安全・安心な生活を送れるよう心がける人になります。