厚生労働大臣指定保育士養成施設 / 文部科学大臣認定職業実践専門課程 / 神奈川県認可の専修学校

学校法人 岩崎学園岩崎学園 横浜保育福祉専門学校

大学と短大との違い

「大学・短大と、どこが違うの?」を知りたいあなたへ横浜保育3つのポイント

「毎日、子どもに会える学校」で、どの学校よりも実践力が身につく。

50時間の「プレ実習」を行い、本実習に備えます。ほかにも「ふれあい授業」や、行事のボランティアなど、子どもとふれあう機会がどの学校より多く、実践力が身につきます。

産学連携にも
積極的に取り組んでいます。


写真は、西武東戸塚店との連携イベントの様子

結果、就職先からも高い評価をいただき、「開校以来連続就職100%」を達成中。
県内約296施設に597名の卒業生(第1期~第8期生)を送り出しました。
就職先アンケートでは、本校新卒者に対する満足度は3.91点(5点満点中)と、高い評価をいただいています。

2017年3月卒業者実績 就職者/就職希望者

専門科目を充実させ、一般教養科目を必要最小限にした「3年制」カリキュラム

子育て支援に取り組む岩崎学園で、将来は「神奈川のリーダー保育者」に。

岩崎学園では、少子化問題の解決策の1つである「子育て支援」をより充実させ、地域社会に貢献することが重要であると考え、子育て中のご家庭を支援するさまざまな取り組みを行っています。

2007年 横浜保育福祉専門学校開校
  岩崎学園東戸塚保育園開園
  品濃町放課後児童クラブ開設
2010年 岩崎学園新横浜保育園開園
  新横浜放課後児童クラブ開設
2012年 岩崎学園新横浜第二保育園開園
2015年 品濃町放課後児童クラブ[大空]開設
  品濃小放課後キッズクラブ運営法人認定

これらの中核となるのは、保育現場でリーダーシップが取れ、保護者のサポートができる社会性の高い保育者です。横浜保育福祉専門学校では、人間性豊かな保育者をじっくり、着実に3年間かけて育成しています。